第5回卒業生交流セミナー

第5回卒業生交流セミナーのご案内

第5回卒業生交流セミナーのご案内

皆様!
例年、茨城県立医療大学と茨城県立医療大学同窓会である『藝游會』主催で行われております大好評の卒業生交流セミナーのご案内です。

今年度は、「ラジエーションハウスが教えてくれた放射線技師の可能性」と題しまして
五月女康作氏よりご講演をして頂く予定です。

五月女康作氏は、あの好評を博した月9ドラマ(死語かもしれませんが)ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜(テレビ離れが進むこの時代において、平均視聴率13.8%、最高視聴率15.6%(特別編を含む))の脚本監修や原作である『ラジエーションハウス』(グランドジャンプ(集英社)で連載中)の企画監修を務めた方です。

今後、医療への「AIの導入」や「働き方改革」などに代表されるように医療の現場、牽いては診療放射線技師の仕事やその役割も日々刻々と変化していく可能性は大きいはずです。

 

その様な時代の中、ドラマ「ラジエーションハウス」の脚本監修を通して、五月女康作氏が感じた診療放射線技師のこれからの可能性についてお話しいただく予定です。

放射線関係の方以外でも、チームワーク医療が叫ばれる昨今において他職種を知り、理解して頂くことは非常に有益かと思いますので(ご存知の通り、本学でもIPEコースに力を入れています)、その良い機会かと思います。

また、主人公役の窪田正孝さん、ヒロイン役の本田翼さん、はたまた遠藤憲一さんや和久井映見さんのファンの方は、当日はもしかしたらご本人達に会えるかも!?
・・・・。
・・・・。
・・・・。
と、期待させて申し訳ありません。その予定はまったくありませんが、撮影・編集秘話・裏話などは聴けるかもしれませんので、是非ご期待ください。

改めて最後に、一見タイトルだけ見ると放射線関係の方のみの講演と勘違いされますが、事前申し込み不要の上、どなたでも無料でご参加頂けますので、万障お繰り合わせの上、ご参加ください。

開催日時:2020年2月26日(水) 13:00-15:00
場所:茨城県立医療大学 講義棟1階 大講義室111

※詳細は講演ポスターもご参照ください。第5回卒業生交流セミナーポスター
ご不明な点等ありましたら、放射線技術科学科 藤井義大までご連絡ください。fujiiy@ipu.ac.jp(029-840-2217)